2019年02月17日

みぃこのこと

20160504.jpg
1年前の昨日(2月16日)は、助からない状態のみぃこに栄養チューブをなめさせたくてそれが置いてある動物病院が家の近くにないか探していたら1件だけみつかり、みぃこも診てくれるということで連れて行った日でした。
点滴とごはん(缶詰)を先生に入れてもらって、毎日通院することで助かるんだとほっとしたことを思い出します。
写真は3年前(2016年5月4日)のみぃこ。

posted by terumi at 22:09| Comment(4) | 猫のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
相変わらず見ると可愛い寝顔ですね。
お手々を握って不安が落ち着いて安心してるみたいですね。
それだけに危ない状態だと胸が苦しくなります。
病院が見つかってほっと出来たら本当に安心出来ますね。
みいこちゃんに愛情が伝わってる様です。

こむぎのお腹の脱毛も相変わらずで…
ネットでも同じ様な人の相談が有りましたが今一つはっきりしません。

病院で見てくださいと言うのが本音の様です。
みいこちゃんの様に直ぐ病院に連れて行ければ早く治せるかな、とは思うのですが。

かつお節もペット用ですがあまり良くないみたいですね。
毎日沢山あげてたので大丈夫かな?

Posted by Takia at 2019年02月20日 20:31
☆Taka さんへ
安心している寝顔を見ていると本当にほっとしていたこと思い出します。
近くの病院が見つかって毎日通院することで脱水がよくなり、もちこたえてもう大丈夫と思い込んでしまっていたように思います。
結果的には違う種類の発作をおこせる体力をつけてしまったのかなぁと思ったり、考えてももうどうしようもないことばかりです(>_<)

こむぎちゃん心配ですね。
みぃこはすぐに連れていけましたが、マルコは大きめの洗濯ネットに入れて連れていってました。
こむぎちゃんは入ったことありますか?
入ればおとなしくなってバスケットに入れて連れていけると思うのですが、かなり警戒してしまいますよね。。。

煮干しはきいたことがあるのですが、かつお節もそうなんですね。
食べ物もやっぱり気になってしまいますよね。
マルコは外にいてた時にいろんなの食べてただろうなぁ。
でも体にいいと思っているカリカリは食べなかったりするし〜。。。
Posted by てるみ at 2019年02月25日 00:36
みいこちゃんの件、本当に辛かったと思います。
うちの最初の子も、入院させる時、男性をすごく怖がるので女性にしてもらうべきだったと思ってます。
いつ亡くなってもおかしくない状況だったのに絶望を与えてしまったんじゃないかと後悔してます。
最初の晩だけでも一緒に付いてれば救えたんじゃないかと今になって後悔してます。

みいこちゃんは優しい子ですね。
てるみさんに心配かけない様にと我慢してた事も有るかも知れませんね。
こむぎも優しい子です。
本当に色々我慢してるし悪い事もしないです。

洗濯ネットはまだ試せてないんです〜。
今は自分の事をすごく信頼しきってるのでトラウマにならないかとウジウジしてます。
最初の避妊手術した時もそれまで警戒してなかったのですがあれ以降物音がする度ビクビクしてます。

でもそう言う問題では無いですね。
責任重大ですね。

マルコちゃんカリカリ食べない時が多いんですね。
こむぎは何も無い時は仕方なく食べる感じですね。
2番目の子もカリカリ食べず缶詰が多かったです。
飽きるとカリカリ、と言う感じだったです。

本当に食事のバランスは大変ですね。
Posted by Taka at 2019年02月27日 20:57
☆Taka さんへ
Taka さんの辛いお気持ち伝わってきて涙がでてきます。
私も考えてもしかたがないことだとわかっていても、今思えばあの時にこうしていればといろいろ悔やんでしまっています。

みぃこのこといつも気にかけていただいて本当にありがとうございます。
今もみぃこの写真をみてもらえるのが嬉しいです。
こむぎちゃん、洗濯ネットでうまくいけたらいいのですが・・・なんとか入ればあのマルコでもおとなしくはなっていました。
でもその後がまた心配ですよね。
いい方向へいきますように、こむぎちゃんがよくなりますように祈っています。

マルコは家猫になってからは少食になりました。もう食べ物に執着しなくてもいいと思っているからなのかわかりませんが〜。
マルコもお腹がすいた時に、しかたなく食べてるような感じです。
みぃこは、病院食になる前の頃にグルメになった時があって、いろいろな缶詰あげてたことを思い出します。
体のためにはほんと食事のバランスは大変ですよね。
Posted by てるみ at 2019年03月02日 22:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: